簡単・安全なファブリックパネルの作り方

今回は発泡スチロール製のファブリックパネルの作成方法をご紹介致します。
発泡スチロール製ということで、万が一飾っている時に外れて落ちてしまっても、怪我の心配が無く、小さなお子様がいるご家庭にもおすすめです。

簡単・安全なファブリックパネルの作り方

展示用パネル
用意する物は450mm角×30mm厚の発泡スチロール、お好きな柄の生地、カッター、定規、ペンとだけです。
まず、発泡スチロールの内側10〜20mm程の位置に印をつけ、その印に沿ってカッターで切り込みを入れます。角の部分は斜めに切り込みを入れてください。
お好きな柄の生地の中でも見せたいデザインの位置を確認し、印をつけて必要なサイズに生地を切っていきます。

そして発泡スチールの切り込み箇所に生地を押し込んでいきます。
伸ばしながら全て押し込んでいき、完成です!
特殊な道具を一切使っておらず、切り込みに生地を入れて固定させているだけですので、他の生地にしたい時も簡単に取り替える事ができます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る