展示会紹介 「エンディング産業展 2017」

超高齢化社会になり、死亡者数は年々増加していますが、東京オリンピックが開催される2020年には143万人にまで増加すると言われていて、葬儀などの業界や産業の需要の拡大が予想されており注目が集まっています。

23日から25日の3日間に渡り、東京ビッグサイトにて埋葬や葬儀、供養に関する設備や商品、サービスが一堂に会するだけでなく、企業向けの業務支援関連のエリアや遺族への対応サービス、ペット向けのコーナーなども設けられますよ。

現在では、多くの業界がエンディング業界への参入して注目されていますし、当日は様々なセミナーも開催されますので、来場者対象であるエンディング産業に関わる事業者や企業の方はぜひ参加してみてはいかがでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る