展示用パネル印刷で失敗しない方法1

<展示用パネル印刷で失敗しない方法1>

ここでは、パネル印刷で失敗しない選び方をご紹介します。

◯パネル自体で失敗しない方法

パネル(スチレンボード/スチレンパネル)選びで重要なのは『反らないパネル』を選ぶことです。
パネルは材質により、早ければ1週間程度で反ってしまいます。
数日使用して捨ててしまう場合は良いのですが、保存したり次回も使用する場合は、
『反らない』という事はとても重要なポイントになります。

反りに影響する要素は大きく分けて2つです。

①使用するスチレンパネルの『厚さ』
厚さは、薄ければ薄いほど反りやすくなります。一般的には3mm、5mm、7mmのパネルが流通しています。
3mm⇒軽量の為、高いところに使用する場合に有効です。
5mm⇒安価の為、短期間使用の場合に使用しますが反りやすいです。
7mm⇒しっかりと厚さがある為、反りにくいパネルです。

ですので、可能な限り7mm厚のパネルを使用することが、失敗しないポイントです。

②使用するスチレンパネルの『表面加工』
パネルの材質はスチレンですが、スチレンそのままのものと、その上に紙が貼ってあるものとがあります。
最終的に表面に印刷物を貼って完成となりますので、表面がスチレンそのままのパネルを使用すると、
表面は紙、裏面はスチレンという完成品になります。
これですと湿気の吸い方が表裏違う状態になりますので、反りやすくなってしまいます。

ですので、可能な限り、両面紙貼り加工のパネルを使用することが、失敗しないポイントです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る