展示用パネル印刷で失敗しない方法2

<展示用パネル印刷で失敗しない方法2>

ここではパネル印刷で失敗しない方法を書きます。

◯用紙/印刷の方式選びで失敗しない

パネル印刷で使用する用紙にはたくさんの種類があります。
用紙の選択する際に考える事は、大きく分けて2つです。

①印刷する『内容』
紙には印刷する内容によって、向き、不向きがあります。
・文字メイン ⇒紙的に毛羽立った『厚手コート』かパネルにするなら『合成紙』がオススメ
・文字+図表 ⇒パネルにするなら『合成紙』か図表を綺麗に出すなら『半光沢』がオススメ
・文字+画像 ⇒画像を綺麗に出す為に『半光沢』か画像に重点をおいて『光沢紙』がオススメ
・画像メイン ⇒テカリを気にするなら『半光沢』綺麗さだけなら『光沢紙』がオススメ

内容に合った用紙を選択することが、パネル印刷で失敗しない重要なポイントです。

②使用する場所の『環境』
紙ごとに使用環境の、向き、不向きがあります。
・展示会で使用 ⇒展示会場は照明が多い為、なるべく反射を抑えた『合成紙』『半光沢』がオススメ
・自宅・会社で使用 ⇒長期的な使用に対応するため頑丈な『合成紙』『半光沢』がオススメ
・その他 ⇒その他の通常の環境では内容によって用紙を選んで問題ありません。

ですので、可能な限り、両面紙貼り加工のパネルを使用することが、失敗しないポイントです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る